いろいろな構造形式|新築一戸建てで理想の生活を送る|仕事もプライベートも充実
模型を持つ人

新築一戸建てで理想の生活を送る|仕事もプライベートも充実

いろいろな構造形式

インテリア

地震などの大きな災害による被害を受けて、RC造の住宅が人気を呼んでいます。ただ、RC造の住宅にはさまざまな特徴があるため、そうした特徴をよく理解した上で、適切に計画することが重要になります。まずRC造は、自由度が高い複雑な形状に対応できる構造です。さらに遮音性や耐火性、耐久性などが大変高く、耐震性にも優れています。それは、木造や鉄骨造などのその他の構造にくらべて、建物の重量が大きくなり、その分剛性が大きくなって揺れにくいからです。ただその反面、柱間のスパンを飛ばすことには不向きであるため、大空間を作る場合には不利になります。また、建物の重量が大きくなるため、高層の建物の場合にも不利になる傾向があります。

通常のRC造の住宅は、構造部材のすべてが、現場で製造されることになります。そのため、構造性能を確保するためには、品質管理や工事管理、現場監理などが、特に重要になるということは知っておくべきでしょう。また、ひとくちにRC造といっても、構造形式にはさまざまなものがあります。一般に用いられる形式としては、ラーメン構造と壁式構造の2つがあります。ラーメン構造は、主に柱や梁で構成される構造のことです。自由度の高い空間が確保できるというメリットがあります。一方、壁式構造は、壁と床のみで構成される構造のことです。柱や梁がない分、空間を有効に利用できますが、多くの壁が必要となるため、比較的小さな部屋で構成される住宅や共同住宅には適した構造であると言えます。それぞれの構造形式の特徴を踏まえて、適切なものを選択することが大切になります。